2011年9月 4日 (日)

独学で

あと1月半後に宅地建物取引主任者の試験があります。
自分は、今年の試験を受ける予定なのだけど、今月中に
試験範囲の勉強を終わらせて、あとはおさらいを急いでやろうと
思っています。そして、試験直前の10日前ぐらいからは
試験時間の感覚と試験なれするために、過去問を解く
練習をやりたいと思っています。

宅建は勉強のやり方さえ間違わなければ、独学でも
一発合格できる試験です。自分の友達が昨年の試験に
一回目の受験で宅建に見事受かったので、
自分も受けてみることにしました。

自分は、その友達が使っていた宅建 参考書の今年度版で
学習をしてきました。友達が受かるなら自分も受かる事が
出来ると信じています。残りわずかですが、ラストスパート
で頑張ります。

今から、焦って新しい参考書などに手を出すのは
墓穴を掘ることになると思うので、新しい書籍は
買わない予定です。とにかく今までやってきたことを
何度も繰り返し反復しようと思っています。
宅建はマークシート形式の回答であるため、筆記試験の様な
100%正確な記憶は不要です。

でも、試験の合否は他の受験生の成績との相対比較となる
ため、マークシートと言えど侮ることはできません。
今の自分の実力は既に合格レベルには達していると
感じています。なので、一番の心配はマークシートの記入ミス
ですね。自分は試験終了5分前にまとめて試験の解答を
マークシートに書き込む様にしているのだけど、
そこでポカミスをしないように、何度も確認をして
慎重にマークを付けていきたいと思っています。

2011年7月21日 (木)

試験の申し込み

国家資格には試験を受けるのにも大学卒業などの制限つきがあるけど、
宅建はそういった制限がなくて最終学歴が高校の私でも受けられるみたい。
これから勉強を始めようと思っているけど、まずは申し込みから。
ものすごく勉強頑張って、成績も優秀で合格間違いなしの人でも
忙しくて申し込みを後回しにしていたら、
スッカリ忘れちゃって試験が受けられなかった事があるんだって。
そんなの悲劇だもん。

郵送とインターネットがあるから私はインターネットかな。
試験の申し込みも簡単になったもんだ。
年に一回の試験、チャンスを逃さず頑張るぞ!!
でも、このぶ厚い参考書は試験までにやり切れるんだろうか。

大体よくあるのが、最初ばっかり勉強して、後の方は
やれてなくてきれいなままっていうパターン。せっかく受けるなら
そんなことになるのは嫌だから、計画的に勉強しようと思ってる。
一番単純なのは、参考書の全部のページを試験までの日数で割って、
毎日やったら終わるように計算すればいいよね。
でもそれだと休みがないから、もうちょっとアバウトに計算しとこう
かな。

ちなみに宅建は、誰でも受けれて、私みたいに高卒の人でも受けれる
かわりにすごく難しいらしい。
合格率も低いんだって。
それでもみんな毎年受けてるのは、それだけ持ってると役に立つ資格
なんだよね。
忘れずにしっかり申し込みもしたことだし、さあ勉強でも頑張るかな。

無料ブログはココログ